宇都宮の旨い肉料理

関東北部、栃木県と言えば宇都宮市が外せません。県庁所在地でもあり、発展している街というからではなく、美味しい料理があるからです。それは何かというと、ご存知の餃子で、この宇都宮餃子は日本全国でも美味しいとして評判の人気フードとなっています。餃子の街、とも称させる同市では、餃子の年間購入額では度々日本一に輝くなど、この料理はソウルフードといえるくらいに定着したものです。一言で宇都宮餃子と言っても、実は店舗によって様々なスタイルで提供されていて、同市を散策すると色々な味わいを楽しめます。具の味付けから漬けダレまで違うので、多彩な味覚を満喫できるのが魅力でしょう。

この餃子に使われるのは、豚ミンチ肉が定番ですが、この豚の生産では、栃木県はブランド豚を生産しており、宇都宮でも、この豚肉が流通しています。『とちぎゆめポーク』と呼ばれる豚です。しっかりとブレンドされた旨いエサをたっぷり食べて育ったブランド豚『とちぎゆめポーク』は、オレイン酸の含有量の高さが旨さの秘訣となっています。オレイン酸は旨味成分の一つ。これをふんだんに含んだ豚肉は、一度は食べて置きたいものでしょう。もちろん、この豚肉を使った餃子もありますし、他にも肉まん等にも利用されており、幅広い料理に使える逸品です。品質の良い豚肉を探しているという場合には、宇都宮辺りに繰り出して、本場で本格的な味わいを確かめてみるのも悪くないでしょう。揚げても焼いても美味!ヒレ肉が旨すぎる国産豚銘柄8選もぜひ、ご覧ください。

さて、そんな旨い豚の話に関連して、ブランド豚だけではなく、部位についても人気のものがあるのですが、その一つがコブクロという部分です。これは、豚の子宮となります。しつこくない、あっさりとした味わいを楽しめ、独特の食感も魅力の一つとして、このコブクロは人気を獲得しつつ有るようです。インターネットでもレシピ紹介があったり、コブクロを楽しめる店舗の紹介があったりなど、この部位を楽しみたいと考えている方は少なくはないと考えられます。これは、割りと低カロリーでダイエットにも向いているため、今後も需要が伸びる可能性も充分、期待できるかもしれません。肉関係の商売をされている場合や、これから参入を考えている場合には、豚肉のコブクロを卸売するコツを確認しておくのも悪くないでしょう。コブクロの仕入れが出来るというのは、武器にも成り得ると考えられますし、それだけ幅広い仕入力、対応力をアピールすることにも繋がるでしょう。