肉が入ったうどんのレシピがおいしい

肉は色々と種類があり、部位もたくさんあるので料理をするときにはレシピにあったものを選んで調理することが大切です。スーパーなどで購入することができる肉ですが、なかなか購入することができない種類や部位などは専門店を利用することで購入することができます。
豚肉のトントロを卸売するコツは専門店や大型のスーパーを利用することです。専門店ではプロが選んだものを直接購入することができるので、ほしいものを注文することもできるのがいいです。

肉を使った麵料理もおいしいです。
例えば、豚バラたっぷり肉うどんです。材料は2人分で、うどん2玉、玉ねぎ2分の1玉、白菜2枚、粉の本出し小袋2分の1、料理酒大さじ1、みりん大さじ1、鶏ガラの素小さじ1、薄口しょうゆ大さじ2、豚肉1パック、青ネギ適量、水500ミリリットルを用意します。
まず玉ねぎと白菜を千切りして鍋に入れ、水と料理酒、みりん、粉本出し、鶏ガラの素も入れて火をつけます。沸騰してきたら豚肉を入れて箸で軽く混ぜて15分から20分間ゆっくりと煮込みます。茹でたうどんを丼に入れて、煮込んだ野菜と肉を先に箸でうどんにのせましょう。煮込み汁をかけて青ネギをのせてたら出来上がりです。寒い時期にはしっかりと食べることができて体を温めることができるのでおすすめです。
つけ麺も甘くて塩気もあるのでおいしく食べることができます。材料は3人分で、うどん3人分、希釈しためんつゆ700ミリリットル、豚のこま切れ100グラム、長ネギ3分の1本、砂糖小さじ1です。まず麺を茹でて冷水で冷やします。めんつゆに砂糖をいれて煮立たせて豚のこま切れを煮込みます。しっかりと味がしみこむまで煮込んで、それをつゆごと麵の上にのせて、刻んだネギをのせて出来上がりです。
ひき肉にはどんな種類がある?ひき肉用に仕入れたい肉部位ベスト3もぜひ参考に。

肉と麺類を一緒に食べることができるので温かいものだけではなく、冷たくしてもおいしく食べることができます。夏には冷たいもの、冬には温かいものを作ったり、温泉卵をかけてもおいしいのでおすすめです。めんつゆを使うことであっという間に好みのつゆを作ることができるので、そこに砂糖やしょうゆ、ネギ、しょうがを入れてもおいしいです。
うどん以外にもそば、中華麵などいろいろなものを使って作ることができるレシピです。野菜の栄養とたんぱく質をしっかりと摂取することができるだけではなく、簡単におなかがすいたら食べることができるというのが便利でいいです。