梅田で美味しい肉を探す

梅田は大阪市北区にある地域のことで鉄道や地下鉄の駅があるだけでなくホテルやデパート、オフィスビル、歓楽街が集まっています。西日本では最大の繁華街でデパートの面積は日本一を誇ります。また梅田の主要道路の地下には大規模な地下街も存在します。大阪市は大阪府の府庁所在地で政令指定都市にもなっており、およそ271万人もの人口を抱える巨大都市です。北区は大阪市24区のうちの1つで13万人ほどの人口があります。市内の他の地域と比較すると人口自体は少ないですが、梅田周辺は大阪市の中心部とも呼べる地域です。デパートなどの大型商業施設や超高層ビル群が立ち並び梅田から中之島にかけては日本でも有数のビジネス街となっています。大企業の本社や新聞社などのマスメディアも多く存在します。梅田は大阪府だけでなく近畿地方における経済の中心地です。もちろん様々な肉を扱う飲食店や専門店も数多く存在します。ヒレやサーロインなどの正肉だけでなく珍しいホルモンを見つけることもできます。またこの地域では国産に限らず牛や豚、羊など輸入された肉も扱われています。飲食店でステーキやホルモン料理を食べる場合にも、専門店で家庭料理用の食材を集める場合にも便利な地域です。地方都市など人口の少ない地域では需要量が少ないため扱われている商品の品数も少なくなりますが、特に近畿地方に住んでいる場合には梅田を訪れればあらゆる食材を探すことができます。豚ハラミとは?仕入れの参考になる人気ホルモンランキングも併せてお読み下さい。
専門店では業務用の輸入牛とその他を扱っており、高級なものから安価なものまで取り扱っています。基本的に専門店で扱っている商品は生肉なので、消費期限があります。新鮮な肉を仕入れたら消費期限内に料理することが重要です。また生肉には細菌や寄生虫が付着している場合があるので、よく火を通す必要があります。北海道などでは豚のホルモン焼きが人気で稀に火の通りが弱かったためにE型肝炎を発症する人もいます。安全に美味しく食べるには消費期限内に翌日を通すことが重要となります。
デパートなどに出店している専門店などで購入できる冷凍加工肉やハム、ソーセージなどには消費期限ではなく賞味期限が設定されています。消費期限は急速に品質が劣化する食品に設定され、賞味期限は品質があまり劣化しない食品に設定されます。賞味期限の場合には期限を経過しても食べることはできますが、なるべく早く食べるのが合理的です。ハムなどを購入した場合には茶色や緑色に変色することがありますが、これは酸化や発酵によるものなので問題ありません。しかし腐敗して黒く変色しヌメリが出てきた場合には廃棄処分が必要です。