英語で肉を表現する

一般的に英語で肉を表現する場合にはmeatを思いつく人が多数派です。脂肪の少ない赤身を英語で表現するとlean meatになります。また生のものはred meatと表現されます。豚や牛、ラムはそれぞれpork、beef、lambと表現しますがmeatに含まれます。meatとは基本的にred meat、つまり赤身のことです。しかし鳥の場合はmeatに含まれません。鶏はpoultryやwhite meatと呼ばれます。poultryやwhite meatには七面鳥やガチョウ、鴨などが含まれます。七面鳥はturkey、ガチョウはgoose、鴨はduckです。poultryには家禽類という意味があります。食材としての鳥にはmeatを使用することはありませんが、生物学などでは鳥の肉の部分を表現するのにmeatが使用されています。動物の肉は様々な部位によって呼び方が異なります。英語で部位を表現する呼び方と日本の呼び方が必ずしも一致するわけではありません。例えば日本でロースと呼ばれる部分は英語のroastが語源となっています。ロースの部分を英語ではloinやsirloinなどと呼びます。一方で舌を意味するタンは英語はtongueを語源とします。レバーもliverが日本風に訛った呼び方です。豚の胃を意味するガツは英語で消化管の意味があるgutを語源としています。日本でガツと呼ばれる部位は、英語ではpork stomachと呼びます。このように日本語で肉の部位を表現する呼び方は、必ずしも英語の呼び方と一致するわけではありません。(参考:【仕入担当豆知識】知っていましたか?豚の祖先はイノシシなんです!
スーパーやデパート、インターネットの通販サイトでは様々な種類の肉が販売されています。特に業務用食材を購入するならばインターネットの通販サイトを利用するのが合理的です。牛肉のミノを仕入れる時の相場も通販サイトならば容易に調べることができます。
動物の部位を表現する言葉の多くは英語を起源としています。ホルモン系の部位などはあまり一般的ではありませんが、それぞれの呼び方を知れば必要な食材を効率的に探すことができるようになります。例えばミノとは牛の1番目の胃のことです。牛には4つの胃があります。ミノは4つの胃の中で最も大きく、重さは8kgほどあります。肉厚で白くクセがない部位とされます。硬い部分なので調理をする際に包丁で切り込みを入れます。切り込んだ形状が蓑に似ていることからこの名称が付けられました。