肉エアーズロックのインパクト

「肉エアーズロック」は、有名お笑いタレントも絶賛の焼肉で、食べるための予約が2ヶ月待ちになるほど人気になっています。そもそもエアーズロックとは、オーストラリアにある巨大な一枚岩で、世界でも2番目の大きさを誇っています。このエアーズロックの名称はイギリスの探検家が名付けた名前で、地元ではウルルと呼ばれていました。日本で食べられるエアーズロックは、800グラムのリブロースステーキの塊となっています。テーブルの上に載せられた時のインパクトがすごく、まさに大地にそびえる巨大岩そのものの姿をしています。これが食べられるのは、都内にあるもんじゃ焼き店で、看板は出していません。不思議な雰囲気が漂う店となっており、注意して見ないと見逃してしまいます。また、エアーズロックの味付けも抜群で、800グラムでも普通に平らげられてしまいます。

肉エアーズロックはコース料理の中で提供されており、単品での注文ができません。コース料理の内容としては、その他、もんじゃや海鮮の鉄板焼きが付いてきます。完全予約制となっており、2時間の時間制限があります。また、予約は5〜8人と人数も決まっており、5人以上で行く必要があります。コース全般を通してボリューム料理が提供されますが、一人で全部のメニューを食べるわけではないので、出されたメニューは完食することができます。また、海鮮焼きの評判も高く、これだけでリピートしたいと感じさせるほどです。シメに出されるもんじゃ焼きは、土手を作らないタイプとなっており、蕎麦の量によって調整することになります。
こちらも人気です『馬肉の人気がすごい!カロリー・栄養価と人気店の食べ方大公開!

業務用輸入豚肉を仕入れる際に役に立つのが、業務用食材の通販です。個人で輸入肉を仕入れるのは、関税や検疫などの問題もあり、初心者には難しいものです。契約先がちゃんと納入しない等のトラブルになることもあります。一方、通販を利用することで、業務用輸入肉を簡単に入手することができます。何よりも、仕入れが滞るリスクがないので、安心して営業に専念できます。注文も自分のタイミングで行えるので、在庫を抱えるリスクもないわけです。個人で海外から豚肉を調達しようとすると、往復の飛行機代だけで相当な金額になります。また、現地交渉では代理人を立てる必要があり、人件費もかかってしまいます。それが、業務用食材通販を利用すれば、全て解決されることになります。商品は全て宅配されてくるうえ、一定金額以上は送料が無料になっています。