恵比寿は美味しく肉が食べられる街

恵比寿の街を歩くと、麦とろ、牛タンの店を街中でよく見かけます。牛タン、麦とろと言えば、仙台名物の定食で、2つを組み合わせた定食は黄金の取り合わせです。ランチで立ち寄るサラリーマン、また、お洒落なスタミナ食としてOLにも人気があり、夜は居酒屋としても飲食店がお客さんに提供できる定番でしかも美味しいメニューとなっています。ただ、牛タンをはじめとした牛、豚肉は、捌いてすぐにお客さんに提供するわけではなく、ある程度以上の期間、上手に冷蔵保存して熟成して旨味を十分に引き出すことが必須です。ブレイク必至!豚タンをオーダーしてもらう秘策&豚銘柄3選もお読み下さい。

そこで、業務用タンを仕入れる際には熟成技術が上手で、肉の旨味を引き出すことが上手な業者から仕入れることが飲食店にとっては、美味しい料理を提供するコツにもなります。そういった仕入れ業者は、他の一流店とも取引きがあり、納得の行く飲食店に肉を提供しています。恵比寿はお洒落な街で、顧客の舌も肥えているため、美味しい食材を美味しく調理してお客さんに出すことが案は飲食店のブラスの評価と経営安定につながります。

牛タンは、一般的に30日間の冷蔵熟成が最も旨味を引き出すことができる期間だと言われているのですが、美味しい卸業者は他の肉の部位も美味しく熟成させているものです。サーロイン、和牛全般、豚の熟成具合の評判を他のお店や口コミで聞く、また、その店に客として行ってみて、実際に味わってみてもいいでしょう。

熟成肉は、高度な技術で生成されている商品ですから、実際に仕入れるに当たっては、業者と飲食店との綿密な打合せが必要になります。品質はどの程度の高いレベルを維持できているのか、また、価格は品質に見合ったものか、営業努力をきちんと行なっている卸業者は、飲食店まで訪問して商談を進めます。日々新鮮な食材をお客さんに提供していくわけですから、仕入れロットは大量になるので、お互いに納得ずくで正式に契約を取り交わすことが大事になります。

そうすると飲食店は質の高い商品をお客さんに安定供給できるわけですし、卸業者も大量の仕入れを行うことが可能になり、ひいては安い卸売り価格で上質な食肉を提供することができます。

また、最近では流通網の発達により、本場仙台から通販で牛タンを仕入れて購入することも可能です。ただ、その場合でも十分に試食をして納得の行く品質で価格と釣り合っている食材かどうかを自分の舌できちんと確かめることは必要です。この場合も試食用に提供されるサンプルだけでなく、実際に提供されているお店で出されているスタンダードな味を確認することが大事です。