牛・豚・鶏肉の優れた栄養素

日常の食卓には欠かせないお肉。食用では牛、豚、鶏がよく食べられ、人の体の活動には欠かせないタンパク質、脂質、ミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでいます。牛、豚、鶏の特徴的な優れた栄養素は他に何があるのでしょうか。牛肉には鉄分が多く含まれていることはよく知られていますが、特にヘム鉄という成分が豊富です。これが不足すると赤血球中のヘモグロビンが減少して貧血となって、体がだるくなったり食欲がなくなったり、また動悸、息切れなどの症状が出ます。鉄分は体内で作ることができないので食品から摂らないといけません。また含有される栄養素の特徴的なものにはカルニチンもあります。これは、余分な脂肪の分解を促進してエネルギーに変える働きがあって、ダイエット効果もある注目されている栄養素です。カルニチンは赤身部分に多く含まれていて植物性食品にはほとんど含まれません。カルニチンの合成原料であるリジン、メチオニンも含まれています。このことからダイエット中だからこそ牛肉などを適量食べ、筋肉の増強を図ることが大事。適度な運動もカルニチンの脂肪燃焼を促進させ、より効果的となります。

豚肉の特徴的な栄養素は、なんといってもビタミンB1が豊富なことです。これが糖質のエネルギー代謝に大きく関わっています。炭水化物はご飯やパンでとることが多いのですが、体内で消化吸収されてブドウ糖となります。脳細胞や神経細胞はブドウ糖をエネルギー源にしていますから、ビタミンB1は大きな役割があるということになります。また疲労回復にも効果があると言われます。これは筋肉を動かすときに使われるグリコーゲンがブドウ糖から作られるときにビタミンB1が必要となるためです。多量に炭水化物をとってもビタミンB1が不足するとブドウ糖が乳酸に変化し、これが疲労の原因になってしまうということです。豚肉は内臓もビタミンが豊富で、特にビタミンAやビタミンB2は群を抜いていて、美肌などの効果があるとされています。

鶏肉は消化吸収が早く、皮を除けば低脂肪です。良質なタンパク質、脂質、ビタミン類が豊富に含まれます。タンパク質が豊富ですが、肌に良いと言われるコラーゲンも多く含まれています。コラーゲンはタンパク質のひとつで、体を構成する大きな役割があります。またコラーゲンはゼラチン質でもあって、皮と骨の多い部分に豊富に含まれます。またビタミンAも豊富で、皮膚や粘膜を正常維持する働きや視覚の正常化、成長に関わるもので、鶏レバーなどには多く含まれています。
鶏手羽先とは?カロリーは高い?いちばん美味しい食べ方は?も、ぜひ参考にして下さい。