肉は英語でミートではない?

肉を英語で言えば、もちろんミートと答える方が大半でしょう。
確かに、ミートとは肉を意味する英語です。
しかし、これは総称する意味であり、豚なのか、あるいは牛なのかわかりません。
ということもあり、英語圏ではあまりミートと総称して言わず、種類ごとに分けて言われています。
では、外国では豚や牛肉のことをどのように言うのでしょうか。

ではまず、有名な鶏肉から見ていきましょう。
日本の方に鶏肉の英語を聞いたら、殆どの方がチキンと答えるでしょう。
実際にその通りで、日本で言われている通り、外国ではチキンと言われています。
けれども、一つ注意が必要なことがあって、それはチキンはミートではないということです。
なぜか、鶏肉だけはミートに分類されておらず、ポールトリーと言われています。
ミートもポールトリーもチキンよりは使わない単語ですが、補足として覚えておいても良いかもしれません。
日本古来のジビエ!キジの特徴とは?キジ料理が美味な旅館3選もも、参考になります。
後は、残った豚と牛についてですが、ご存知の通りポークとビーフです。
意外と国内でも呼び方として浸透しており、そこまで呼び方に抵抗はないでしょう。
さて、英語圏での呼び方について今まで見てきましたが、ここまではいわば常識とされている部分です。
けれども、肉の部位の英語についてご存知の方はどれくらいおられるでしょうか。
例えば、ロースなどはそのままロースですが、他のカルビや下がりなどはどのように言うのでしょうか。

部位の英名を覚えておくと、業務用の食材を購入するときに大変役に立ちます。
例えば、業務用の国産牛とその他の外国産牛では、同じように買いたくても名称が全く分からなければ買うこと自体が困難です。
ですから、ここでしっかりと部位ごとの英名を把握しておきましょう。
では、日本名と比較しながら一つ一つ見ていきます。
まずは最も見る機会が多いであろう、もも肉はなんというのかというと、ラウンドと言います。
直訳すると円形という意味ですが、実際にももはこのように呼ばれているのです。
続いて、カルビはというと、骨つきのものはショートリブ、骨なしの物はボーンレスショートリブと言います。
日本だと骨がないカルビは骨付きと言いますが、外国では骨なしのものにボーンレスとあえて言うのが特徴です。
次はわかりにくいハラミは何と呼ばれているか見ていきます。
ハラミは肋骨に接する部分の部位のことを言いますが、これを英名でアウトサイドスカートと言います。
では、対になるサガリはというと、ハンギングテンダーと言われています。
ハラミとサガリについては有名な部位ですから、この二つの英名はしっかりと覚えておきましょう。