ウェルダンでおいしい肉を食べよう

ステーキの焼き方を決める場合、肉の味がよく味わえるとしてレアを注文する人は非常に多いものです。その他にも焼き方としてはミディアムとウェルダンがあり、その中でもウェルダンはあまり人気のない焼き方と言われることが多いものですが、実は肉の味を十分に味わうことができる焼き方であることに気がついている人は非常に少ないものです。

レアは中心部まで火が通っていない、いわば半生の状態であると考えている人が多く、生の味が味わえると考えている人が多いものですが実はこれは誤りで、中心部までしっかり火が通っておりしかも肉が焼けていないギリギリの状態を指すことが本来の意味であるため、なかなかこの状態で提供してくれるお店は非常に少ないものです。また相応に厚みのあるものでないと上手に火を通すことができないため、一般的にレアの状態で提供するお店のほとんどは日が通っていない状態で提供していることが多く、これは生の味を味わっているのに過ぎません。そのため、なかなかおいしい状態と良い言うにはほど遠いものであることも多いのです。
話題の部位イチボ。ランプとの違いとは。今日から使える調理の裏技も。」も参考になります。

ウェルダンはしっかりと中まで火を通すため、硬くなってしまい肉の旨味を味わうことができないと考えている人も多いのですが、比較的あまり厚くない肉をしっかりと味わうためには非常に良い方法です。本来噛むことで肉汁が溢れ出て旨味を感じるものですが、ウエルダンにするとその肉汁がしっかりと中に閉じ込められるため、噛んだときに非常においしい食感を味わうことができます。さらにしっかりと火が通っているためその旨味を失うことがなく、おいしく食べることができるのです。このような肉は比較的多くの卸売業者が取り扱っているため、比較的簡単に味わうことができるものとなっています。最近でも高い素材ばかりが注目されるような傾向がありますが、調理法によってはあまり高くない素材でもおいしく味わうことができるようになるのです。そのため最近では卸売業者も様々な素材を調理方法と一緒に提供することが多く、おいしい調理法を提案してくれるところが増えています。豚肉のナンコツを卸売するコツの中にも調理法を一緒に紹介すると効率が良いとされており、これまで焼き方として敬遠されてきたウェルダンについても素材と合わせて提案することでより美味しく食べられる方法として広く認知してもらうことができるようになっています。高級素材だけを取り扱うのではなく、比較的安い素材でもこれに合った調理法を提案することで美味しく食べてもらうのができるようになるのです。