飯田橋で業務用の輸入肉を安く手に入れる

飯田橋に住んでいたり、飯田橋で料理をする時、肉をどこで買うのか、悩む場合もあります。
少しだけ移動すれば、業務用専門店もありますし、飲食業を営んでいるならば、配達してくれる業者が多数あります。

個人で業務用の肉を手に入れるには、業務スーパーを利用するか、通販サイトを利用するか、二通りしかありません。
業務用輸入鶏肉と通販サイトを比べると、これもメリット、デメリットがあります。

まず、業務用スーパーの場合は、冷凍で売られている場合が多いですが、それでもやはり、現物を見て、同じ種類の肉でも多少の違いがわかり、脂が多いか、とか、筋がどうなってるか、をある程度把握する事が出来ます。しかし、飯田橋事態には業務スーパーがありませんので、同じ千代田区とは言え、徒歩や電車、バスや自転車を利用して行くには、大量に購入したり、肉や飲み物を買うには荷物が重たくなってしまいます。業務スーパーでの購入はこういったメリット・デメリットがあります。同じ業務スーパーで、中には配達を行ってくれる場合もありますが、それでも一定金額以上の商品の購入が必要だったり、時間の指定は出来なかったりと、中々利便性が悪い事もあります。

一方、通販サイトでは、価格の比較が単純に出来て、片手に電卓を持ちながら、どこが安いのか、肉のg単価を計算したりするのは、凄く楽に行えます。デメリットとしては、商品を実際に見る事が出来ないまま購入するので、出来るだけ大きい単位で購入する事を心がければ、品質の変化は少なくなります。単純に、部位を細かく分けなくなるからです。何より、大量購入しても、プロの配達業者が運んでくれますから、自分は、受取をして、自宅の中で、必要に応じて冷凍庫に持っていったり、冷蔵庫に保管する程度の労力で済む事が、大変素晴らしいです。特に、業務用ひき肉の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのがおすすめです。

実際に調理する際の注意としては、鶏肉の場合、ブロックの形に凍らせているもの一般的ですので、それを解凍するだけのシンクや、入れ物が必要になります。大抵の場合、冷凍してある肉というのは、急速冷凍してある場合がほとんどですので、解凍する場合も、常温で少しずつではなく、流水や温水で一気に解凍すると、鮮度落ちが少ないです。ただし温水を使う場合は、あまり水温を高くしてしまうと、生臭さが出てしまって、鮮度が落ちてしまう場合もありますので、高くしすぎない事がポイントです。流水の場合は、途中で肉同士くっついている部分をはがしてあげて、水があたる場所を調整すると、外側だけが溶けて、他の部分がくっついたり、という事は少なくなります。

輸入の冷凍品の場合は、一度流水と、キレイなタワシを使ったりして、洗ってから、解凍して、解凍が終われば、もう一度すすぎ洗いをするのが得策です。これは、輸入物に限った事ではありませんが、冷凍状態の温度だと、菌は繁殖しづらい事もありますし、工場等で冷凍品を加工する際、どんな場所でも食品は衛生面に気を使って製造するのは当然ですが、数を処理する性質上、鶏の血がついてしまったりする場合や、例えば羽毛のようなものがついてしまう場合もあります。これが羽毛だった場合、基本的に加熱するので、食あたりになったりする事はありませんが、やはり、食べたくないものです。だから、冷凍品はすべて、よく洗浄してから使うのが一般的です。

このようにして下処理が終われば、その後の使い道にもよりますが、一度ボイルしてしまってから、再冷凍して保存しておくのも、一つの手です。冷凍品を解凍して、下調理をして、再冷凍しておく事で、次の機会に料理する時に、時間と手間を減らす事が出来ますし、時間がない時の調理をする際に、中まで火が通らず、生焼けになってしまう事がないからです。もし焼いて調理する場合なら、皮がパリっと焼けてるのに、中に火が通らない状態になってしまうと、中まで火を通そうとして、全体的に焦げてしまう場合もあります。こういった事態を避ける為にも、下調理に手間をかけるのは、保存だけに限らず、本調理をする際にも大切な工程になる事があります。

このような処理をしなければ冷凍庫に入らない場合などは、やはり通販サイトの肉を、余裕を持った日付で頼み、日付指定を入れておけば、例えば週末に疲れてしまい、買いに行く予定だったけど、買い物に行くのが億劫になってしまっても、きちんと自宅に届くので、やはり便利ですね。インターネットでの購入に不安を感じる人は少なくないですが、実際の店舗でも、インターネットショップでも、今や口コミでの評判が全ての時代です。輸入肉と行っても、扱っているのは、日本の業者である場合が多いので、ショップ側も、騙そうと思って商品を売るなんて事は、皆無だと思っても、問題ありません。支払い方法も、振り込み、カード、現金、コンビニ払いなど、多様に払えるようになってきています。わからない事があれば、電話だけでなく、メールでの質問が出来るのも、インターネットショッピングの特権じゃないかと思います。中々、ただの商品の事を、実店舗にメールで聞く事は、出来ません。